学修に関する支援

【令和2年度実施】

対面授業の実施について

令和2(2020)年度前学期授業は、緊急事態宣言を受け、「全て学生ポータルサイト(UNIPA)配信によるWEB授業」でのみ開講いたしました。
緊急事態宣言解除後の前学期授業、および後学期授業は、原則「UNIPA配信によるWEB授業」のみでの開講とし、実技を伴う科目(実験・実習・演習)は、徹底した感染防止対策を講じた上で、対面授業を実施しました。
調理実習・実験実習等の実技を伴う授業は、対面での細やかな指導が不可欠であること、栄養士や教職の免許資格を取得するためには調理実習・実験実習等の授業は必須科目であること、また学生同士または教員と対面でふれ合うことによって、本学の建学の精神にある「清節の風をたっとび、感恩の情にとみ、労作にいそしむ」人格の形成も大切であるという考えから、徹底した感染防止対策を講じた上で対面授業を実施しています。

一例として、調理実習ではクラスを半分にして実習室の定員の半分の人数で利用し、密を避ける、検温・手指消毒は勿論のこと、実習班の入れ替わりの度に、調理室の消毒清掃を徹底するなど、入念な感染防止対策を行っています。
このように本学では各授業に応じた対策のほか、マスク着用や手指消毒など感染リスクを可能な限り減らすための行動について、学生の皆さんに注意喚起を行った上で、必要最低限の対面授業を実施しています。

ICT環境について

(令和2年9月〜実施)コンビニプリントサービス
大学への入構が制限される等の影響の中、プリンタが自宅にない、大学のPC教室まで来ないと印刷が出来ない、等の声を受け、セブンイレブンにて無償で印刷できるサービス「コンビニプリント」の提供を始め、1500名程の学生が現在利用中です。
※追加アカウントの申込については、随時受け付けています。(UNIPAにて申込み)
(令和2年10月〜実施)ノートパソコンの無償貸与(N-note必携化開始前の学年学科の学生対象)
ノートPC必携化の実施前に入学した、栄養・教育の4年生向けに、在学期間無償貸与するためのノートパソコンを大学にて希望者に対し貸し出しています。web授業や卒業論文の作成などのために利用されています(原則、卒業までの貸し出し)。
(令和2年11月〜実施)N-noteのLTEデータ通信の増量サポート
N-note1台あたり2GBの容量制限を超えた通信について、令和2年4月~8月は携帯電話会社の学生支援の取り組みにて通信容量の増量サポートが行われましたが、令和2年11月からは大学にて1GB単位での無償追加を実施しています(※従来1GBあたり1,100円で有償追加していたもの)。
(令和2年10月〜令和3年3月実施)ポケットWi-Fi(ルータ)の無償貸与(N-note必携化開始前の学年学科の学生対象)
一人暮らしのアパート等にインターネット環境がない、無償Wi-Fi付き物件に住んでいるが電波が弱い、等のご意見があったため、1台あたり2GBまで無償で利用できるポケットWi-Fi(ルータ)を大学にて用意し、希望者に対し貸し出しました。
(令和2年6月〜実施)Teamsによるチャット問い合わせ窓口の開設
大学への入構が禁止となり授業がwebにて行われる期間、従来は窓口で受け付けていたパソコンに関するトラブル相談や、お困りごと等のお問い合わせを、Microsoft Teamsのチャットでも相談可能としました(従来のメールや電話での対応も継続)。
お問い合わせの際は、メッセージのやり取りをはじめ、ビデオ通話(音声のみの通話も可)や画面共有(学生画面を確認しながらの対応)等が可能となりました。
動画によるPC講座(Windows、OneDrive、Word、PowerPoint編)の展開
パソコン操作の初期教育について、大学に来ることが出来ない場合でも自宅等で閲覧出来るよう、Windows10の基本操作、OneDriveの操作方法、および論文作成に役立つWord講座等について、動画を作成し公開しました(ノートPC必携化にてN-noteを貸与された学生は必ず見るようアナウンス)。

コロナ対策を講じた就職支援について

オンラインと対面のハイブリッドでの就職支援を行っております。
Microsoft Teamsを使用して、オンラインでの進路相談や模擬面接、履歴書添削を行っております。
また、対面で就職支援する際は、飛沫防止のパーテイションや消毒液の設置、マスクの着用など万全の対策を取り、いかなる場合においても就職支援を継続して行える環境を整えております。