最新のお知らせ

2022.01.06

令和4年度の授業実施について

令和4年1月6日

令和4年度の授業実施について

本学では、今年度の授業に関し、「対面授業」と「オンライン授業」を併用して実施しており、6割を超える科目が「対面授業」を実施しています。
特に、調理実習・実験実習等の実技を伴う授業は、栄養士や教職の免許資格を取得するためには必須の科目でもあるため、対面授業を行う必要があります。
さらに本学の建学の精神にある「清節の風をたっとび、感恩の情にとみ、労作にいそしむ」人格の形成には、ただ授業を受けるだけでなく、学生同士または教員と対面でふれ合うことも大切であると考えたため、「対面授業」を実施してきました。

また、本学では入学時にWi-fi環境下になくてもインターネット接続が可能な携帯電話回線通信機能付きノートパソコンを貸与しており、「オンライン授業」に対応できる環境整備を行ってきました。
「オンライン授業」においては、「自分のペースで受講できる」「授業資料や動画を繰り返し確認できる」「感染のリスクが少ない」などの声が学生から挙げられております。

新型コロナウイルス感染症については、新規変異株の出現が継続しており、学内における三密を避けるなどの徹底した感染症対策を引き続き行う必要があることから、全ての科目を「対面授業」のみで実施することは困難です。
「対面授業」と「オンライン授業」の特長を活かしつつ、令和4年度の授業実施については、以下のとおりとします。

・講義科目
原則対面授業とします。但し、新型コロナウイルスの感染状況を鑑み、本学の行動指針に則って遠隔授業を実施することがあります。

・実験、実習、演習科目(実技を伴う科目)
徹底した感染防止対策を講じた上で、学内での対面授業を実施します。
なお、新型コロナウイルスの感染状況を鑑み、本学の行動指針に則って遠隔授業を実施することがあります。

今般の授業実施について、ご理解とご協力のほど、よろしくお願いいたします。

中 村 学 園 大 学
中村学園大学短期大学部
学長 久保 千春