最新のお知らせ

2021.09.29

【10月1日~】緊急事態宣言解除を受けての本学の方針・対応について

令和3年9月29日

【10月1日~】緊急事態宣言解除を受けての本学の方針・対応について

福岡県において、9月30日をもって緊急事態措置を実施すべき区域から解除され、まん延防止等重点措置にも移行しないことが決定されました。
福岡コロナ特別警報は解除され、福岡コロナ警報が継続されますが、本学の教育研究活動及び運営に支障する行動制限は要請されていないことから、以下のとおり本学の方針・対応を決定しましたのでお知らせします。

1.本学の新型コロナウイルス感染拡大防止のための行動指針のレベル引き下げ
⇒すべての項目についてレベル1(一部制限)とします。
・ゼミやサークル活動における宿泊を伴う合宿は不可とし、日帰りのみ許可します。 (セミナーハウスも、日帰りのみ利用可能です。)

2.学生・教職員の夜10時以降の立ち入りについて
学内の各施設が全て閉館となる夜10時以降の立ち入りは不可としますが、どうしても当日中に済ませなければならない業務がある場合に限り、所属長への届け出・許可の下、夜10時以降の立ち入りを認めます。

3.外出について
目的地の感染状況や利用する施設の感染防止対策をよく確認し、混雑していない時間と場所を選んでください。
ただし、発熱等の症状がある場合は外出や移動を避けてください。
また、帰省や旅行などの県境をまたぐ移動は、「三つの密」の回避を含め基本的な感染防止対策を徹底するとともに、ワクチン接種を完了していない場合は、移動に際してPCR等の検査を受けるよう努めてください。

4.会食について
飲酒を伴う会食は感染リスクを高めると言われていますので、以下のことを徹底してください。
・感染対策が徹底されている店(県が認めた「感染防止認証店」など)を選ぶ。
・会話の際はマスクを着用し、大声を出さない。
・特に大人数での会食は、大声になり飛沫が飛びやすいので注意する。
・2時間以内とする。

5.学内各施設について
原則として通常通りの開館・営業とします。
ただし、施設によって時間等が異なる可能性がありますので、注意してください。

10月1日から、学生の入構も再開され本来の姿に少しずつ戻りますが、一方でこれまでを振り返ると、様々な活動が再開することにより感染者は増えており、今後感染リスクは高まることが予想されます。
授業、学外実習などの学修活動、あるいは課外活動など多様な経験を積み、充実した生活を送るためには、感染を抑え込み、感染再拡大を防ぐことが極めて重要です。
この制限が厳しくない期間が長く続くよう、本学に関わる全ての人が「本学に関わる全ての人が「マスク着用」「手洗い等手指消毒」「換気」「密をつくらない」といった基本的な感染対策を引き続き徹底するようお願いします。

中 村 学 園 大 学
中村学園大学短期大学部
学長 久保 千春

【10月1日~】新型コロナウイルス感染拡大防止のための行動指針(第3版)