最新のお知らせ

2021.05.10

緊急事態宣言発令を受けての本学の方針・対応について【5月10日】

令和3年5月10日

緊急事態宣言発令を受けての本学の方針・対応について【5月10日】

5月12日から、「緊急事態宣言」の対象区域に福岡県が加えられることとなり、5月31日までの間、外出自粛等行動に関する緊急事態措置が要請されました。
つきましては、緊急事態宣言期間中における本学の方針・対応・取組を決定しましたのでお知らせします。

【本学で定めた行動指針のレベル引き上げ】
すべての項目について、レベル4(制限(大))とします。
5月12日から31日までの間、授業や学生・学外者の入構に関する事項は以下のとおりとします。その他詳細は、行動指針(添付資料)をご確認ください。

(1)授業について(大学院を含む)
すべてWeb授業にて実施します。
※学生の皆さんへは、学生ポータルサイト(UNIPA)にて、科目担当者ないし事務局から詳細を通知しますので、そちらを確認してください。

(2)学生及び学外者のキャンパス立ち入りについて
原則禁止します。ただし、どうしても緊急事態宣言期間中に入構する必要がある場合は、15分以内を条件に許可します。

(3)教職員の出勤について
在宅勤務・時差出勤を強力に推進し、職場への出勤率を7割程度減らします。本学教職員との連絡は、メールやチャット等、できる限りオンラインでの対応をお願いします。

【その他】
・引き続き、同居家族を除き、5人以上の会食を禁止します。
・図書館、健康増進センター、栄養クリニック、発達支援センター等の各種施設は休館します。
・食育館、ベーカリーアステックス、丸善キャンパスショップは休業します。
・学外者への施設貸出は、原則として不可とします。

福岡県内においては、新規感染者数が連日過去最高を更新し500名を超え、20代の感染者が最も多いなど若い世代への感染が急増しています。
本学においても、PCR検査受検者が増え続けています。
また、感染力が強く重症化のリスクが高い変異株への感染が広がっていることから、人の流れを最大限抑え、学生・本学関係者の命を守るため、本学としては緊急事態宣言期間中、厳しい措置を講じることとしました。
関係各位にはご不便・ご迷惑をおかけしますが、何卒、ご了承くださいますようよろしくお願いします。

中 村 学 園 大 学
中村学園大学短期大学部
学長 久保 千春

新型コロナウイルス感染拡大防止のための行動指針(第3版)