最新のお知らせ

2021.04.27

大型連休に向けた行動自粛等要請について【4月27日】

学生・保護者の皆さんへ

令和3年4月27日

大型連休に向けた行動自粛等要請について【4月27日】

4月以降、新型コロナウイルスの新規感染者数が増加し、一部の都府県に対し緊急事態宣言が発出され、まん延防止等重点措置対象地域も新たに追加されました。
福岡県は、現時点ではいずれも対象地域外ですが、本学においても新規感染者並びにそれに伴う濃厚接触者等の報告を受けています。
今週末からは大型連休に入りますが、この期間を経て感染者が増えると、その後の大学の授業や様々な活動に大きな影響が生じてしまいます。
それを避けるため、感染防止対策を強化することとしましたので、お知らせします。誰一人として欠けることなく、全員が対策を徹底するようお願いします。

①不要不急の外出自粛等について
・連休明けの対面講義の円滑な再開のために、大型連休期間中(4/29~5/9)、緊急事態宣言及びまん延防止等重点措置対象地域(以下、対象地域という。※)への不要不急な移動を原則禁止します。
※対象地域:宮城県、東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、愛媛県、沖縄県(以降、他の都道府県が対象地域に追加された場合は、それも含む)
・上記以外及び県内全域の不要不急な移動も、帰省を含め終日自粛してください。

②連休明けの授業について
・連休明けの学内感染をできる限り避けるため、5月6日(木)から5月15日(土)までの間、講義科目は原則Web授業のみとし、実験・実習科目及び実技修得を伴う演習科目は感染防止対策を講じたうえで実施します。具体的な実施方法についてはUNIPAの掲示板等で教科担当者から連絡されます。
・連休明けに対面授業を受ける学生は、感染から発症までの潜伏期間を考慮し、少なくとも大学に来る日の1週間前から、不要不急の外出・会食は控えてください。

③基本的な感染防止対策の再徹底について
・外出前(登校含む)は、必ず検温すると共に、体調の異変がないか確認してください。
・大学をはじめ各建物に入る際は、手指消毒を徹底してください。また、こまめに手洗いをしてください。
・学内では常にマスクを着用し、3つの「密」(密閉、密集、密接)を避けましょう。
・可能な限り、部屋の窓や扉を開け、換気をしてください(換気扇の使用も有効です)。
・エレベータ内では会話をしないでください(短時間とはいえ密閉区間です)。
・食堂のパーテーションは、正しく使ってください(1区画に複数名入ってはいけません)。
・これまでの感染例として、友人宅へ外泊したケースが少なからず見られます。特に大型連休期間中は、友人宅等への外泊は控えてください。
・発熱や風邪の症状がある場合は、まずはかかりつけの医療機関に相談してください。
・医療機関受診等について相談先に迷った場合は、最寄りの保健所の「受診・相談センター」に電話してください。また、夜間・休日は、以下に電話してください。
福岡市在住者:092-711-4126
福岡市以外在住者:092-471-0264

④会食について
会食は、感染リスクが高まることが指摘され、これまで本学においても会食が感染理由と思われる事例が複数発生しています。大型連休期間中、同居家族以外との会食は控えてください。

⑤学生相談室の案内
臨床心理士等のカウンセラーが常駐し、身近な相談相手として悩みや相談など様々な声に向き合います。電話・メール・直接来室のいずれかで連絡してください。
(TEL)092-851-5341
(Mail)gakusou@nakamura-u.ac.jp

⑥ハラスメントの防止について
感染者、濃厚接触者、医療従事者、そしてその家族に対する不当な偏見、差別、いじめ等は絶対に許されるものではありません。自身の言動についてハラスメントと受け取られるようなことがないか再度注意し行動してください。

⑦その他
・新型コロナウイルス感染接触アプリ(COCOA)をダウンロードし、Bluetoothをオンにしてください。
※COCOAで陽性者との接触が確認されたとの通知を受信した場合には、保健室・学生部に電話連絡し、相談すること。
体調記録票(添付)も活用し、適宜自分自身の体調を管理してください。
・新型コロナウイルスへの感染が判明した場合、またはPCR検査対象者と認定された場合は、保健室・学生部に届け出てください。

中 村 学 園 大 学
中村学園大学短期大学部
学長 久保 千春

体調記録票